FC2ブログ
FXの記録
FX初心者がチャートの予測をやってみます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月17日分析
2014年9月17日

<ドル円>
月足ミドルから上昇して、+2σに頭抑えられているところ
日足は高値持合い中

昨日から行われているFOMCが27時半ごろ発表される。
QE3終了後の利上げ時期について発表があるか注目度が高まっているので
今日は動意薄か。

最近のドル円の上昇が、
早期利上げの期待感からくる上昇と捉える見方があるので、
今日のFOMC発表で一度大きく値を下げ、押し目になる可能性も考えられる。


<ユーロ円>
月足20MAに触れずに上昇しているが10MAで頭抑えられている。

週足は先週-2σから上昇してミドルを上抜け、
今週ミドルまで下落してヒゲ付けて上昇してきているがまだ陰線

日足は+2σまで達してからの三角持ち合いのような形になってきている

ECBはマイナス金利政策をしていて、
ユーロドルも下落してきているので
ユーロ円も下落するかと思ったが、
テクニカル的には上昇しそうな形をしている。

ちょっと読めない通貨・・・


<ポンド円>
月足169.5~174.5の間でもみ合っている

ネット投票でスコットランドの独立賛成が過半数を上回ったことによる急下落が先週の頭にあったが、

終わってみれば月足レンジ下限の169.3までと限定的な下落で、
そこからレンジ上限の174.6まで上昇
まさに、1週間かけての行って来い相場。

スコットランドには北海油田と核施設があるようで、
イングランド側は独立を認めないだろうと。
また、独立するとなるとかなりの額の外貨準備金が必要なので
それをスコットランドが準備できるとは考えづらいと
先輩トレーダーの読み。

先輩は続けて、
今回の独立騒動は、
スコットランド人が中央政権に出馬出来ないなど
政治に絡めない人種差別の不満から来るものと見ている。

また、モーサテでも
スコットランド、イングランド双方にとって
独立には不利な点があるので独立しないだろうとの見方。

スポンサーサイト
解析に参考にしているもの
テクニカルの基準として見ているのは、

①ボリンジャーバンド20MAと±2σ

②単純移動平均線10MA

③高値・安値

④チャートパターン

ほとんどがこの4点のみ。

その他に、経済指標や、時事ニュースなどから

長期的な動きか短期的な動きか考えている。


参考データは、

モーニングサテライト

FX会社からのニュースレター

ロイター通信

FX仲間からの情報

などなど
2014年9月15日
<USD/JPY>

月足が10MAに絡む動きからの上昇で現在+2σ107.3付近
2007年11月の安値とほぼ同じ
次の上値抵抗は、2008年2月と7月の高値108.360付近

エントリータイミングを計りやすそうな足は4時間足10MA

今週はFOMCがあり、早期利上げ期待からの上昇も考えられるので、
FOMCで一旦下落する可能性あり

ただ、10月のQE3終了に向けて更に上昇も考えられるので、
下落は押し目になりうる


<EUR/JPY>

月足、安値135.7~135.8から上昇
10MA139.76で上値抑えられている状況

前回高値は145.689なので、まだ6円上値余地がある

週足はミドルを大きく超えて、印象は上昇トレンド

日足は135.8から5日間連続続伸で139円を突破
一旦調整が入る可能性もある



<EUR/USD>

アメリカはQE3終了後の利上げ期待でドル高
ユーロはマイナス金利によるユーロ安
ドル高ユーロ安が明確なペア

3カ月続落で、高値から安値の間は900pipsもある

ただ、週足は長い下ヒゲ陽線のトンボなので、一旦上昇する可能性あり

日足10MAと1.3が被っているので、そこが戻り売りポイントとしても考えられる


2014年3月7日(金)GBP/USD
2014年3月7日(金)

<昨日の復習>

昨日の夜(21時ごろ)から急上昇。
クロス円・ドル円が急上昇。ユーロドルも上昇しているので、米ドルよりはユーロが強い印象。
豪ドル・ポンドはつられ高?

昨日書いた月足トレンドラインも上に抜けてきたので、さらに上昇する可能性もある。
20140307EURUSD_月足


<今日>GBP/USD

月足は、1.68~1.50の間で長い事レンジになっているが、2013年10月くらいから上の方で動いているので、上値ブレイクしたいのかも。
20140307GBPUSD_月足

日足は、10MAも20MAも効いていないが、上昇トレンド。
20140307GBPUSD_日足

1時間足では昨日の上昇時に乱高下しているように見えるが、8時間足で見るとレンジの範囲内。
20140307GBPUSD_1h

20140307GBPUSD_8h

レンジ内でちょこちょことるよりは、別の通貨で見て行った方が良さそう。


今日は米国の雇用統計がある。

2014年3月6日(木)EUR/USD
2014年3月6日(木)EUR/USD

月足は上値のトレンドライン近辺にいるので、トレンドラインをブレイクしなければ下落してきそう。
下落してもミドルで支えられれば、上昇トレンドなので買い場になる予感。
20140306EURUSD_月足

日足は、昨日下ヒゲがミドル近くで反発してき長い下ヒゲを出しているが、結局陰線で引け、
今日も陰線で始まっている。
陽線転換してきたらエントリーしやすい形だが、さらにもう少し下がってくる様子であれば明日まで様子見。
陽線になっても、上値は月足のトレンドライン1.376近辺(あと50pips)で止まる可能性がありそう。
20140306EURUSD_日足

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。